鏡山牧場について

大自然に牛を自由に放牧

鏡山牧場は標高645mの日豊海岸を望む宮崎県延岡市の鏡山山頂にあります。

国内の食肉牛では珍しい「放牧スタイル」で黒毛和牛を生産しています。

牛を牛舎で飼い、主に穀物類を飼料とする肥育方法「グレインフェッド」が一般的な日本。

しかし私たちは、自然豊かな環境で牧草を食べさせる「グラスフェッド」と呼ばれる方法で牛を育てています。

「牛に牛らしく生きてもらう」
それが、根本的な考え方である

味の良い牛肉を作り出すためには、第一に牛に牛らしく生きてもらうことが大切だと思っています。

特定の等級を目指したり、霜降りにするために穀物を与えて無理に太らせたり、不自然な育て方をしたくありません。

私たちは、牛が牛らしく放牧で健康的に生活できればなぁと思う環境整備をしているだけで、牛本来の行動を私たちの考え方でコントロールはしません。

私の畜産は、
牛へのリスペクトが
あってこそ
完成する

広い牧草地で自由に牧草を食べさせ、ストレスフリーでのびのびと育てることで牛の肉質は牛本来の自然な赤身肉になり旨味が凝縮します。そうして命を頂いたあとは人間の技術、熟成(≒水分調整)でより旨味を引き出し、サシと赤身のバランスが最上の牛肉を作り出すのです。

お肉に関しては常に研究を続け、最新の熟成技術で仕上げを行なっています。

牛は自由に、お肉は技術と経験を注ぎ込んで。

私たちは真の赤身肉作りを目指しています。

八崎牛について

読み物

メールマガジン配信中!

メールマガジン読者様にのみお知らせするお得なキャンペーンや限定商品もご用意しております。ぜひご購読ください!